アニ玉クッキング107

anitama107.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 30日

鶏レバーと白菜のピリ辛炒め他

f0014472_1252054.jpg























<メニュー>
①鶏レバーと白菜のピリ辛炒め ②ツナと大根のサラダ ③きのこの当座煮 ④きゅうりとネギと大根の葉の味噌汁

<作り方>
①鶏レバー、白菜、ニンジン、タケノコの水煮、長ネギ、卵、ニラ、A[酒、醤油、ショウガすりおろし]、酒、B[豆板醤テンメンジャンオイスターソース砂糖醤油みりんショッコショ]
鶏レバは切ってAで下味。で、油引いた強火で卵スクランブルして取り出しとく。
で、レバ炒め、色ついたら白菜人参タケノコ長ネギ入れよく炒め、酒振ってぐつぐつ。でしんなりしたらB入れ調味ぐつぐつ。おいしく召し上がる。

②大根、ツナ、マヨネーズ、粒マスタード、ショッコショ
大根切って塩ふってしばらくして水に流し水を流し。で和える。

③しめじ、エリンギ、マイタケ、えのきだけ、乾しシイタケ、鷹の爪、酒、醤油、みりん
乾しシイタケは水で戻しとく。
シメジ以下を炒め、調味してぐつぐつ水分飛ぶまで。

④きゅうり、長ネギ、大根の葉
味噌汁を作成する。


本日は日曜日であり、とてもさえない日曜日だった。昼前に起き、昨日途中で寝てしまったニコラ・フィリベールの『音のない世界で』を見る。少年少女に限らず人々の表情、身振りがすばらしくうつくしかった。若い、国籍の違う男女たちが空港で別れる際の涙を見ていたら涙があふれた。で、見終わって布団の中にいたら眠っており、起きたら夕方。なんてこったと思いながら起き上がり外に出、本屋に行きアガサ・クリスティーの『ABC殺人事件』と大森荘蔵、坂本龍一の『音を視る、時を聴く』を買い、タリーズでアガサクリスティ。そのあといつものカフェに行ってハーブティ飲み少し話したりアガサクリスティ。で買い物して帰り9時。料理して10時過ぎ夕飯。食中食後アガサクリスティ。初めて読んだのだけどいろいろびっくりしておもしろかった。次は題名がかっこいいので『そして誰もいなくなった』を読みたい。そんなこんなでもう1時過ぎ。そろそろ寝ないと明日疲れる。でもたぶん眠くない。眠くない夜に推理小説とかいいんだろうなあ。
ところでアガサクリスティの『ABC殺人事件』はスミノ君の映画の冒頭で主役の男性が読んでいた本として覚えていて、今日はCDを探しているときにスミノ君にもらった自作コンピとかを見つけてスミノ君を思い出す機会があったから、それで本屋でも買おうと思ったのだろうけれども元気だろうか。何してるんだろうか。スミノ君はよく目を丸くしていた。それを思い出す。なつかしい。なんでもかんでもなつかしい。





Fucked up friends!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-30 01:25 |
2009年 03月 30日

肉野菜うどん

f0014472_145861.jpg
●材料
うどん、大根、ニンジン、白菜、豚肉、出汁、酒、醤油、塩、みりん、こしょ、ゆず

●作り方
最後にコショウを挽きゆずを散らす

月曜だか火曜の夕飯。月曜だったっけな。忘れた。





Fucked up friends!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-30 01:05 |
2009年 03月 30日

ニューヨークチーズケーキ

f0014472_0591664.jpg






















【材料および作り方】

18cm丸型

●下地
ブルボンのチョコクッキー80g
溶かしバター30g

クッキーを二重のビニル袋に入れすりこぎで細かく破砕する。でボウルに入れてバター入れてまぜまぜ。でバター塗ったり冷やしたりした型に入れて手とかを使ってギュッギュして出番まで冷蔵庫


●生地
クリームチーズ400g
佐藤150g
サワークリーム200g
卵2個
レモン汁ちょっと
バニラエッセンスもっとちょっと
コーンスターチ大さじ2

順繰りに入れて混ぜる。コーンスターチはふるって。で、型にこし入れる。
天板にのっけ、天板にはお湯いれ、予熱したオーブンで160度で1時間弱。

先週の土曜。友だちが僕の指示のもとに作成。僕は夕飯作ってた。で、日曜食ったがマジうまい。マジうま。昨日おしゃれなカフェでニューヨークチーズケーキ食べてみたけど同程度にうまいというかむしろうまいんじゃないかぐらいにうまい。チーズケーキはお手軽でおいしくていいね。ちなみにクリチーとサワクリの量見ればわかるけどすごい重い。二切れ食った日にゃお腹どっしり。





Fucked up friends!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-30 01:00 |
2009年 03月 22日

蒸し鶏のピリ辛醤油ネギダレ

f0014472_2094487.jpg
























①蒸し鶏のピリ辛醤油ネギダレ掛け ②ふろふき大根にゆずみそ ③ひじきの煮物 ④かぼちゃの煮物 ⑤白菜と大根の葉の味噌汁


①鶏もも、シメジ、ショッコショ酒、きゅうり、タレ(長ネギ、チンして残ってた酒、醤油、砂糖、みりん、豆板醤)

開いた鶏ももとシメジを耐熱皿にやってショッコショと酒ドバ。でレンジで5分チン。
キュウリは千切りして皿に敷く。
フライパンにみじん切りの長ネギ、さっきの耐熱皿に残った酒以下いろいろ入れて火にかけてぐっつり。
で切った鶏とシメジを皿に盛り、ネギダレ掛け。

②大根、昆布、米、ゆずみそ(ゆず、味噌、酒、みりん、砂糖)

昆布水に浸して面取り隠し包丁の大根を入れ、米入れ、茹で50分とか。
小鍋で味噌ゆずのしぼり汁味噌酒みりん砂糖ゆずの皮のおろしたのを火にかけグツ。掛け。

③ひじき、乾しシイタケ、大豆水煮、ニンジン、ちくわ、出汁、醤油、みりん、砂糖

ひじきと乾しシイタケ水で戻す。でいろいろ切っとく。油で炒め、出汁以下入れグツ。

④かぼちゃ、水、醤油、砂糖
かぼちゃひたひた水で醤油砂糖グツ。

⑤白菜と大根の葉と面取りした大根のカスの味噌汁。
白菜と大根の葉と面取りした大根のカスで味噌汁。


土曜の夕飯。友だちが来ればいつも以上に振る舞う。酒飲み、映画見ながら寝る。のが土曜の夜。勝手にレトロスペクティブ開催。
それにしても蒸し鶏のやつはけっこう適当オリジナルちゃオリジナルというか珍しく何も参照してない料理なのだけどこれがマァ、激ウマ。最高にうまい。さいっこー。あーそれにしてももう日曜の夜でありあー・・・





Fucked up friends!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-22 20:09 |
2009年 03月 22日

大根と豚の塩煮

f0014472_1957660.jpg
①野沢菜ご飯 ②白菜と桜エビのスープ ③豚と大根の塩煮 ④春菊の胡麻和え ⑤長ネギとわかめの辛子酢味噌和え

①ご飯、野沢菜、ゴマ
ゴマは煎り、混ぜる。

②白菜、桜エビ、中華出汁、塩、酒、ごま油
ぐつぐつやってごま油

③豚バラ、大根、長ネギ、しょうが、ごま油、昆布、酒、塩、醤油、コショウ
豚バラはショッコショして酒やってつけとく。昆布は水につけとく。
斜め薄切りのネギとショウガをごま油で炒めて、豚炒めて、大根炒めて、昆布水でひたひた。昆布は佃煮にする。
で酒と塩と醤油で適当に調味してわりと強火で蓋してぐっつり。
盛ってコショウ挽き食い。

④春菊、出汁、砂糖、醤油、ゴマ
春菊塩茹で。でゴマすってあれやって和え。

⑤長ネギ、わかめ、カラシ、酢、味噌、砂糖
長ネギさっと茹で、わかめ水戻し。で和え。

木曜の夕飯。とてもおいしかったな。今は日曜の夜で友だちが来ていてタバコ吸ってる。僕は指を動かしている。




Fucked up friends!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-22 19:57 |
2009年 03月 21日

いか大根

f0014472_16163149.jpg




















①いか大根
②納豆おくら長いものネバネバ和え
③山形お土産芋煮のご飯
④大根味噌汁

①するめいかを1杯。内臓を取り出して一口大に切る。肝はとっておく。大根1/3本は乱切りしてしたゆでする。だし汁1カップ、砂糖大さじ1、酒大さじ3、醤油大さじ2で煮汁を作り、大根を投入し味をなじませていく。大根に色がついてきたらいかの身を加えてこっちも味が沁みるまで弱火でことことねばり強く炊く。味がしみてきたら肝をとりだしてくわえて炊いて、最後にみりんをくわえて出来上がり。

②おくらは塩ゆで、長いもは短冊、それらをだし汁、砂糖小さじ1、塩一つまみ、醤油大さじ1であえて、納豆についているタレと芥子もいれてあえる。

③山形土産の芋煮ご飯のもとでご飯を炊きました。

どーも素敵な土曜の昼下がり。二です。今日はまじで暇でなーんも予定がなかったのだが、ちょっと急ぎの対応があったので、会社に行って1時間をほど仕事をした。なんとまあ急ぎの対応とはいえ土曜日に会社に行くとは夢にも思わなかったです。
そしてまた明日も休み。なーんもない1日は素晴らしいが、ここ最近の休日はなにかしら予定があり、急に予定がない休日がくるとすごく持て余してしまう。この持て余し感を大学時代はこの上ない贅沢として楽しんでいたが、久しぶりにやってくるとどう対応していいかわからない。美しい女性にどう接していいかわからないのとおなじだ。そんなに気張らなくてもいいのにね。
最近生まれた友達の子供ココちゃんが順調に成長している。子供ってのは本当にかわいい。子供なんて別にほしくないと思っていたのが、ココちゃんを見るたびに子供がほしくなってくる。こうやって自由でいたいと思っていた人間も、普通の家庭を持つようになっていくのだろう。これがココちゃんのアホづらである。

f0014472_16322661.jpg












Thank you for your click!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-21 16:34 |
2009年 03月 21日

鶏とセロリの炒め丼

f0014472_1424796.jpg




















①鶏とセロリの炒め丼
②かぼちゃの煮付け
③きんぴらごぼう
④大根の味噌汁

①鶏ももには塩と酒しとく。セロリ、玉ねぎ、キャベツ、にんにくを食べやすい大きさに切る。A(昆布茶、醤油、酒、中華スープの素、オイスターソース、水)をあわせておく。ゴマ油ににんにくを炒め、玉ねぎ、セロリの茎を炒め、鶏肉を炒める。鶏に色がついたらAを加え、キャベツを加え、火を通して、水溶き片栗粉ってやってご飯にのせてうまそう!って感じだったが、すげえ味が濃くてまずかった。ので作るならAの調味料の分量は控えめにね。

②カボチャ1/4個を一口大。鍋にカボチャとひたひたの水をいれて、砂糖大さじ3、塩ひとつまみを加えて煮詰める。柔らかくなったら醤油大さじ2、酒大さじ2を加え、味をなじませ、汁少なくなるまで煮詰める。最後にちょろっとみりんを加えて完成。

③ごぼう千切りの酢水。人参も千切り、鷹の爪みじん。ゴマ油にごぼう炒めて人参炒めて、砂糖大さじ2、醤油大さじ2、酒大さじ2、みりん大さじ1、水大さじ1を加え、蓋をして煮詰める。味がなじんだら完成。

どーも素敵な土曜の昼下がりですね。ニです。①はまじで味が強く、しょっぱくて、食えたもんじゃなかった。久しぶりだ料理に大失敗したんは。
それにしてもここからダウンロードできるphishの復活ライブの様子が素晴らしい。phishの復活を心待ちにしてたphanの熱狂がぐいぐい伝わってくる。早くフジロックの第2弾発表されないもんだろうかしら。




Thank you for your click!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-21 16:13 |
2009年 03月 16日

スペアリブ蜂蜜煮

f0014472_0192037.jpg



















①スペアリブの蜂蜜煮
②ごぼうのポタージュ
③ジャーマンポテトにキャベツ
④うまいパンとオリーブオイル

①スペアリブ6本くらい、は油をしいたフライパンで両面こんがりと焼く。んで、深めの鍋にうつして水をひたひたになるまでいれる。ひと煮たちさせてアクをとる。そこにだしの素小さじ1、蜂蜜大さじ2、酒大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1、酢大さじ1をいれて、たまねぎと長ネギの白いとこを加えて煮る。ことことと。煮汁が1時間くらい煮たらとろりとなって少なくなってくるので、それで出来上がり。

②お米大さじ1杯は洗う。ごぼう1本はささがきして酢水にさらす、玉ねぎ半個は薄切り、バターをとかした鍋で玉ねぎを炒めしんなりしたらごぼうと米を加え、水1カップと、コンソメキューブ1個とローリエ1枚を加える。とろっとなるまで煮たら、ローリエをとりだし、ミキサーにかける。再び鍋にうつし、ミルクを200cc加え、塩とこしょうで味付けして、最後にパセリをふって完成。

③じゃがいも2個は5ミリの輪切り。オリーブオイルを熱して、じゃがいもを炒める。両面焦げ目がついたら白ワインを大さじ3くらい加え、蓋をして蒸し煮。その中ににんにく細切り、玉ねぎ薄切り、ベーコン、キャベツを加える。からめて、塩こしょう、ナツメグあればナツメグで味付けして完成。ちなみに今日はナツメグなし。

4月から京都で働くことになった。もちろん4月までやめていなければの話。京都という町はやはり憧れの一つであるし、そこで働くことにマイナスの感情を感じるよりもむしろ喜びしか感じない。ただやはり、たいして売上をあげておらずやる気も無いから、かるーくとばされた感は否めず、それを考えると営業会社の頭はどうかしていると思わざるをえない。ちなみに一番売れてない奴は市場のほとんどない岡山にとばされ、その次に売れてない奴は九州にとばされた。なんてこった。人材を大事にして育てるなんて完全に嘘で、ダメな奴はダメなとこに配置するから、勝手にやめるか2度と戻ってくんなってことだ。会社ってのはやはり金しか興味がないみたいだし、派遣とはいえ人をかるーく切る。人間を人間だと思っていないのは明らかなのに、悪びれもしないで嘘をつく。むしろ自分たちは嘘をついていないと信じきっている。地方配属の奴は修行する場を与えたんだ、いい勉強になるから地方に行って成長して帰ってこい。嘘をつけ糞どもが。いい顔すんなタコ。どうせならぶっちゃけろ。なにが本音で語りあえだ、馬鹿じゃねえの。

まあ俺は京都で嬉しいけどね。パンがうまいし、スペアリブもうまい。引っ越すにしろ引っ越さないにしろ、うまい飯を作り続けることはやめたくない。たとえ会社をやめたとしてもね!!




Thank you for your click!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-16 00:37 |
2009年 03月 16日

りんごのタルト

f0014472_013140.jpg



















りんごのタルト←レシピはこちら

彼女はボクにとって、職場での唯一の料理仲間であり、お菓子仲間だった。いや、お菓子に関しては先生と生徒という関係に近い。彼女は30歳という年齢でありながら、それは彼女には到底ふさわしくない年齢だった。ボクが初めて売上を上げたときはとびはねて一緒に喜んでくれて、いい年して何してんすか?とボクが照れ隠しで言ったらぷっくりふくれて、席に戻ってふてくされる。冗談ですよ、笑いながら謝りにいったら、いいよと笑顔で許してくれる。およそ30歳には見えず、かわいい。
そんな彼女は、お菓子作りをはじめたというボクにタルト生地をくれ、泡立て器をくれ、優しさと愛情をわけてくれた。そんな彼女が今週で職場を卒業する。彼女の意志でやめるわけではない。いわゆる派遣切りというやつだ。不況だ不況だはわかるが、おめえら人材の会社ならなんとかしろやとか言いたくなる。彼女とももうお別れだということで、今日ボクは、一生懸命、彼女にもらった手動の泡立て器で、りんごのタルトを作った。味は上々だ。彼女にもらったタルト生地のおかげで食えないようなシロモノではない。きっと喜んでくれるはずだ。明日職場に持っていこう。最後に感謝の言葉を述べよう、喜んでくれる顔を見よう。なにが派遣切りだ、ふざけんな、彼女をやめさせる前に俺をやめさせてくれたほうがよっぽど世界はハッピーだ。

f0014472_013106.jpg



















Thank you for your click!!
[PR]

by anitama107 | 2009-03-16 00:15 |
2009年 03月 15日

一人鍋

f0014472_23421926.jpg
<材料>
キムチ、中華出汁、醤油、みりん、酒、砂糖、味噌、テンメンジャン、白菜、えのき、ニンジン、大根、長ネギ、春菊、豆腐、豚肉


昨日の夜あまりに寒かったので鍋しよう鍋と友だちに声を掛けたのだけど昨日の今日で人が集まらなかったので来週にすることにして、来週は実現するといいのだが、来週ということにして、なので今日は一人鍋。鍋つつき、米つつき、焼酎飲み、ウィスキー飲み、煙草吸い、イーストウッドの『マディソン郡の橋』を見る。一人で何やってんだろうなとか思いつつ楽しい時間。鍋おいし。腹いぱーい。
『マディソン郡の橋』は4日間限定のこの上ない深度の愛の物語であり、不倫云々というよりも期間限定ラブについての考察といった趣であり、そうであるならばこの作品は今だったらチェルフィッチュの『三月の5日間』と並置されてもいいようなものとも言えて、要するにふと知り合った男と女が期間限定でやりまくる話だった。一方には深い真剣な葛藤があり、一方にはフェアで正直な遊戯があって、そのどちらもが真実なのだろうと僕は思うというか思いたいけれどもたぶん、僕らというか僕が欲するのは後者なのだろうなと思う。フェアで正直な遊戯。それが成立する時間、空間というのはスペシャルだし彼らが言うように死ぬときに思い出す確率高い。僕もそんな遊戯にふけってみたい。レロレロ。
明日から仕事だと思うと気が塞ぐ。いまだに日曜の夜をうまく過ごせない。





[PR]

by anitama107 | 2009-03-15 23:42 |