アニ玉クッキング107

anitama107.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 27日

豚バラと白菜の重ね煮

f0014472_21161937.jpg

①豚バラと白菜の重ね煮
②ゴボウといんげんとエリンギのごま和え
③なめこの味噌汁


豚バラ薄切り 10枚くらい 塩こしょう
白菜1/4個

だし汁200cc、薄口醤油大匙1、酒大匙2、砂糖、塩少々

豚バラの薄切りには塩こしょう。
白菜の葉の間に重ねていく。だし汁に調味料を合わせたものを
弱火にかけ、豚と白菜を加えて煮る。途中でひっくり返す。


ごぼう 1/2本 小さめに乱切り
いんげん 1パック ゆでてから3センチほどに切る
エリンギ 1本 1センチ角に切る

ごま大匙4、砂糖小さじ1、醤油大匙1、塩少し、だし汁大匙1

ごまの3/4をする。調味料と合わせる。
野菜をそれぞれ塩ゆでする。それぞれ食感がしっかり残らないと
だめだよ。ごま和えする。

とても充実した土曜日の夕食でした。
特に、豚バラ肉と白菜の重ね煮のレシピを考案した方はすごい
と思う。もう、めちゃくちゃうまい。
見た目は悪いけど、料理と男は見た目じゃない。
畳と女房は新しいほうがいい。

音楽でも映画でもなんでもそうだが、優れているなあと思うのは、
異なる要素がハイブリッドされて仕上げられたものである。
例えばThe Slipの音楽はJAZZ、カントリー、トランス、様々な
音楽を吸収して高いレベルで仕上げられた音楽であるし、吉田修一
のパレードは純文学と大衆文学のクロスオーバーな作品であるし。
車だってハイブリッドカー全盛の時代。

白菜は自己主張の少ない淡白な野菜でありながら、豚バラ肉を
はさんで煮ることによって、肉の持つ少しばかり暴力的な旨味を
スポンジのように吸収して、優しさと荒さが同居する、魅力的な
料理に仕上げられた。いやほんと、こんなに旨味を吸収するとは
思わなかったyo。しかし白菜が一方的に豚の旨味を吸収したような
書き方をしたが、その逆もまた真である。豚も旨味を移す側であ
るだけでなく、白菜からでた優しさを受け入れ、異なる自分を
作り上げた。豚と白菜、彼らはもう、吉田と小杉、シャビとメッシ、
井端と荒木並みのコンビネーション。ごちそうさま。




Fucked up, friends!!
[PR]

by anitama107 | 2010-11-27 21:54 |


<< チキンカレー      チキンのギネス煮込み >>